早耳twitter
  • javascriptを有効にしてください。最新情報が表示されます。

HOME > いのど~ん!ブログ

その10 松葉屋と民族芸能の会

 「はなしをきく会」は松葉屋の名物女将福田利子さんの息子清一さんが、大学生の時に跡を

継ぐにあたって、自分の仕事としてお店で落語会をやりたいとして、始められた会です。

詳しくは昭和61年主婦と生活社刊「吉原はこんな所でした」をご覧下さい。

 

2010/04/21 10:13 AM いのどん

その9 当時の落語会

 この中でNET(現テレビ朝日)で放送されていた牧伸二司会の「東急文化寄席」は別にして、

ホール落語会といわれていたのは三越劇場・紀伊国屋ホール・イイノホール・東横劇場・国立

劇場で行われていた各会です。

 

2010/03/29 01:55 PM いのどん

その8 創刊号の落語会情報

 創刊号は最後の1頁が落語会の欄です。本数はたったの18本。

 タテ方向の掲載で、昭和49年の11月1日から12月4日までの日付と曜日が頁上部に

左から右へ並べてあり、その下に時間・会の名称・番組・会場・料金が表になっています。

 

2010/03/23 12:10 PM いのどん

東京かわら版のお店 最新号、バックナンバー、新書名鑑などの増刊、さらに、手ぬぐいなど東京かわら版の商品がこちらからご購入いただけます

『東西寄席演芸家名鑑』
発売中!

この一冊で「通」になる! 東京かわら版増刊号 『東西寄席演芸家名鑑』 演芸界...

東京かわら版新書 発売中

成金本(A5判書籍)

定期購読のおすすめ

送料¥0!特別号との差額はいただきません!売り切れのご心配なしの東京かわら版・年間定期購読をぜひご利用ください。

本誌で紹介している演芸BOOK・CD・DVD