早耳twitter
  • javascriptを有効にしてください。最新情報が表示されます。

HOME > いのど~ん!ブログ > その10 松葉屋と民族芸能の会

その10 松葉屋と民族芸能の会

 「はなしをきく会」は松葉屋の名物女将福田利子さんの息子清一さんが、大学生の時に跡を

継ぐにあたって、自分の仕事としてお店で落語会をやりたいとして、始められた会です。

詳しくは昭和61年主婦と生活社刊「吉原はこんな所でした」をご覧下さい。

 

 当時月1万円で生活していた身ではおいそれと行ける会ではありませんでしたが、ごくたまに

はとバスの「花魁ショー」が行われていた舞台を高座として、緋毛氈を敷き詰めた桟敷席で、

厳選された出演者による落語を聴くのは、まさに贅沢の極みでした。ちなみに11月1日(金)

には「三遊亭遊三・春風亭小柳枝・春風亭枝雀・春風亭柳橋」、15日「三遊亭円窓・三遊亭

円楽・檜山さくら・三遊亭円生」の番組が掲載されています。松葉屋さんは後年裏表紙に協賛店

を掲示するようにした時、第一号の申込店となって下さり、その後持参する度に毎回暖かい励まし

の言葉を掛けてもらいました。

 19日には本牧亭「民族芸能を守る会 鏡味仙之助・小三太(現柳亭小燕枝)・ぬう生(現三遊亭

円丈)」があります。昨年5月に95歳で亡くなられた茨木一子さんが会が発足した昭和37年から

事務局長としてしきられていた例会で、事務所が隣町の東銀座にあったこともあり、私は毎月顔を

出すようになり、茨木さんにはなにかとお世話になりました。

 あの時期、この二つの会の案内を定期的に掲載していた媒体は、他には存在していないと

思います。

 

2010/04/21 10:13 AM いのどん

コメントを閉じる(1)

コメント入力

※管理者により不適当と判断された投稿は、予告無く削除される場合があります。予めご了承ください。

by 神楽童子さん

日々お世話様です。いつもHP拝見しております。昨年、念願叶って自費出版の運びとなりました。10月中旬より各書店にて販売してます。若き日の神楽師の物語でタイトルは「お神楽初恋巡演記」です。いち早く岩手県立美術館&図書館&博物館のライブラリー・書庫で配架になりました。また情報誌悠悠そしてFM岩手「岩手の本棚」でも紹介されました。昨年は新聞掲載はデーリー東北&盛岡タイムス&毎日新聞が取り上げくれました。今年は岩手日報&日本農業新聞&朝日新聞&観光経済新聞で掲載されました。詳しくはブログ神楽童子「お神楽初恋巡演記」(http://blog.goo.ne.jp/juriyo_1955)参照願います。神楽を愛する多くの皆様に読んで欲しいと思ってます。

東京かわら版のお店 最新号、バックナンバー、新書名鑑などの増刊、さらに、手ぬぐいなど東京かわら版の商品がこちらからご購入いただけます

『東西寄席演芸家名鑑』
発売中!

この一冊で「通」になる! 東京かわら版増刊号 『東西寄席演芸家名鑑』 演芸界...

東京かわら版新書 発売中

成金本(A5判書籍)

定期購読のおすすめ

送料¥0!特別号との差額はいただきません!売り切れのご心配なしの東京かわら版・年間定期購読をぜひご利用ください。

本誌で紹介している演芸BOOK・CD・DVD