早耳twitter
  • javascriptを有効にしてください。最新情報が表示されます。

HOME > いのど~ん!ブログ > その22 木挽寄席(3)

その22 木挽寄席(3)

応援出演で、毎回お一人の真打に登場して頂きました。第2回から11月開催の9回までは、

入船亭扇橋:麻のれん、桂文朝:悋気の独楽、三遊亭円窓:さじ加減、古今亭志ん駒:お化け

長屋、柳家小三冶:千早ふる、桂小南:胴切り、金原亭馬生:ざる屋、の各師匠です。

 

そして12月の会には林家正蔵師匠に来て頂き、トリで紫檀楼古木を演って貰いました。

主として水野さんの顔にて、各師匠に出演して貰えましたが、何せお礼がたったの一万円。

それでも、多くの師匠方がこの会の運営方法をご説明すると、理解され、出演を了承して

下さいました。

中で11月ご出演の馬生師匠は、水野さんと私で日暮里のお宅へお伺いし、これまでの

番組をお話し、恐る恐る一万円の件をお伝えすると、暫く考えられて、「弟子たちが世話に

なっているので、時間が空いていれば出演するのは結構です。ただ自分がこの金額で出た

ことになるのは困るので、何も受け取らずに行きましょう」と、言って下さいました。

又、一年の一番最後に出られた正蔵師匠は、何も言わずに受け取られ、これは会に寄付

しますと、そっくり差し出され、お帰りになりました。

本当に多くの噺家さんに助けられ、何とか続けていった会でした。

2010/09/22 03:31 PM いのどん

コメントを閉じる(1)

コメント入力

※管理者により不適当と判断された投稿は、予告無く削除される場合があります。予めご了承ください。

by 珍太さん

いろいろ思い出しました。ありがとうございます。

東京かわら版のお店 最新号、バックナンバー、新書名鑑などの増刊、さらに、手ぬぐいなど東京かわら版の商品がこちらからご購入いただけます

『東西寄席演芸家名鑑』
発売中!

この一冊で「通」になる! 東京かわら版増刊号 『東西寄席演芸家名鑑』 演芸界...

東京かわら版新書 発売中

成金本(A5判書籍)

定期購読のおすすめ

送料¥0!特別号との差額はいただきません!売り切れのご心配なしの東京かわら版・年間定期購読をぜひご利用ください。

本誌で紹介している演芸BOOK・CD・DVD