早耳twitter
  • javascriptを有効にしてください。最新情報が表示されます。

HOME > いのど~ん!ブログ > その21 木挽寄席(2)

その21 木挽寄席(2)

第1回が昭和51年3月。毎月第一金曜日開催で、約3年間。54年1月の第34回が大納会と

なっています。前座、二つ目4人、応援真打1人の計6人出演の番組で、料金は700円。

会員登録をした人は500円でした。

 

「若いサラリーマン等仕事を持つ者が集まり、俳優協会稽古場を会場として発足。当初は

同世代の明日の真打をめざす二つ目中堅の会とし、本年中の計画を立て活動開始。彼等と

共に我々も育っていければ、と思いつつ」と3月号の本誌に案内が載っています。

初回の番組は、小りた(現〆治):富士詣、志ん太(志ん橋):だくだく、小里ん:提灯屋

柳家小三治:粗忽長屋、小三太(小燕枝):松竹梅、ぬう生(円丈):らくだ、です。残っていた

「寿笑和五十一年木挽のあしあと」なる資料を見てみると、二つ目は、当初声を掛けた3人と

初回出演の2人の外、一朝・雲助・今松・花蝶(馬楽)・友楽(円橘)の皆さんが交互に出演。

各一門別の主旨に賛同してくた噺家さん達で、出演者を固定。スポンサーも無く、基本的に

入場料収入だけで全てを賄ったので、出演料もままならず。確か一回当たり5000円しか用意

できなかったので、噺家さんサイドからの申し出により、年末にまとめてお渡ししたはずです。

 

2010/09/17 04:01 PM いのどん

コメントを閉じる(0)

コメント入力

※管理者により不適当と判断された投稿は、予告無く削除される場合があります。予めご了承ください。

東京かわら版のお店 最新号、バックナンバー、新書名鑑などの増刊、さらに、手ぬぐいなど東京かわら版の商品がこちらからご購入いただけます

『東西寄席演芸家名鑑』
発売中!

この一冊で「通」になる! 東京かわら版増刊号 『東西寄席演芸家名鑑』 演芸界...

東京かわら版新書 発売中

成金本(A5判書籍)

定期購読のおすすめ

送料¥0!特別号との差額はいただきません!売り切れのご心配なしの東京かわら版・年間定期購読をぜひご利用ください。

本誌で紹介している演芸BOOK・CD・DVD