早耳twitter
  • javascriptを有効にしてください。最新情報が表示されます。

HOME > いのど~ん!ブログ > その20 木挽寄席

その20 木挽寄席

落語会の情報を取材している内に、色々な方と知り合えました。その16にてお名前を出した

水野さん。日立愛宕ビルにて三遊亭ぬう生(現円丈)さんの会と若手真打の会を隔月開催。

毎月19日の本牧亭民族芸能を守る会の会報で「小三治の会」(確か500円)を見つけ。

 

昼会社に行きチケットを購入した時は髭面だったのに、夜の会場ではすっきりっした顔に

なっていたのが、強烈な初対面の印象。当時東京の素人落語の世界で、日立家電にその人

ありと知られた存在でした。リッカーの鈴木さん(現米国在住)。板橋大山の炉端焼「まつば」で

同級生の金原亭馬太呂(現馬好)さんの会や「橘家円太郎を聴く会」・「古今亭志ん好むかし咄」

等をやっていました。後年ルネサンスが松本にてテニススクールを受託した時、委託者の

セイコーエプソン側の責任者の方が、鈴木さんの転職時に面接採用した事を知り、その奇遇に

驚かされました。そして同じく16にて登場の斎藤さん。大日本インキ落研で柳家小三太(現

柳亭小燕枝)さんに落語を教わっており、千葉セントラルプラザで「千葉古典落語を聞く会」を

開催していました。

この三人に働きかけ、ぬう生・馬太呂・小三太を中心メンバーにして二つ目さんの勉強会

として「木挽寄席」を発足させました。その直前連続の「馬生の会」会を行っていた俳優協会

稽古場を会場にお願いし、その会をやられていた事務局の浅原さんをにまとめ役になって

もらいました。会の名称は、会場の旧地名に因んで、私が提案。

 

2010/09/ 8 03:17 PM いのどん

コメントを閉じる(1)

コメント入力

※管理者により不適当と判断された投稿は、予告無く削除される場合があります。予めご了承ください。

by 珍太さん

なつかしいです。お陰さまで、いい会でしたね、ありがとうございました。

東京かわら版のお店 最新号、バックナンバー、新書名鑑などの増刊、さらに、手ぬぐいなど東京かわら版の商品がこちらからご購入いただけます

『東西寄席演芸家名鑑』
発売中!

この一冊で「通」になる! 東京かわら版増刊号 『東西寄席演芸家名鑑』 演芸界...

東京かわら版新書 発売中

成金本(A5判書籍)

定期購読のおすすめ

送料¥0!特別号との差額はいただきません!売り切れのご心配なしの東京かわら版・年間定期購読をぜひご利用ください。

本誌で紹介している演芸BOOK・CD・DVD