早耳twitter
  • javascriptを有効にしてください。最新情報が表示されます。

HOME > いのど~ん!ブログ > :その18 木馬館・松竹演芸場

:その18 木馬館・松竹演芸場

木馬館は上席が、落語:むかし家今松、奇術:松旭斎千恵子、モダンジョーク:南けんじ、

兵隊漫才:宝大判小判、浪曲:木村若友、俗曲歌謡:キング静香富士蓉子、木馬館民謡

一座。この内民謡一座は全てに出演。面白いので、中席・下席も記載します。

 

中席は、落語:林家源平、漫談:泉たけし、曲技:江川マストン、講談:小金井芦州、東北

民謡:森昇月社中、浪曲:木村重正。下席は、落語:柳家とんぼ、漫談:大江しげる 他

未定となっています。

松竹演芸場上席は、漫才:千代若千代菊、三味線漫談:玉川スミ、漫才:鶴夫亀夫、漫才

:Wエース、漫談:千とせ、漫才:Wモアモア、コミックバンド:ファニーフェイス、コント:

笑パンク。中席は、コント:ギャグメッセンジャーズ、都々逸:亀松、紙切り:花房蝶二、演歌

:東道夫、漫才:こう太ふく太、コミックバンド関西:原たかしとプレイボーイ、声帯模写:

鯉川のぼる。下席は、コント:ナンセンストリオ、コミックバンド:ボギーペース、尺八漫談:

はたのぼる、漫才:順子ひろし、歌謡漫談:スリートーンズ、殺陣とお笑い:サムライ日本。

となっています。

2010/08/30 03:59 PM いのどん

コメントを閉じる(1)

コメント入力

※管理者により不適当と判断された投稿は、予告無く削除される場合があります。予めご了承ください。

by 姫路のじろりんさん

松竹演芸場は、とても懐かしいです。
「デン助劇団」が解散した後、作家の酒井俊先生がプロデュースして「くるま座」という劇団がありました。(半年程で解散しました)1973年頃です。そこの劇団員で連日出演していました。
リアリタイムで見てきた芸人さんばかりで懐かしいです。
あと、ツービートも新人で出ていました。

東京かわら版のお店 最新号、バックナンバー、新書名鑑などの増刊、さらに、手ぬぐいなど東京かわら版の商品がこちらからご購入いただけます

『東西寄席演芸家名鑑』
発売中!

この一冊で「通」になる! 東京かわら版増刊号 『東西寄席演芸家名鑑』 演芸界...

東京かわら版新書 発売中

成金本(A5判書籍)

定期購読のおすすめ

送料¥0!特別号との差額はいただきません!売り切れのご心配なしの東京かわら版・年間定期購読をぜひご利用ください。

本誌で紹介している演芸BOOK・CD・DVD