早耳twitter
  • javascriptを有効にしてください。最新情報が表示されます。

HOME > いのど~ん!ブログ > その17 東宝演芸場

その17 東宝演芸場

東京の寄席(定席)は10日ごとに番組が代わります。1日~10日を上席、11日~20日は中席、

21日~30日が下席となります(31日は時として特別の催しが行われます)。当時も落語定席は

今と同じ所に4館ありました。


 この寄席4館は、情報締切り日までに翌月の上席しか決まっていないことが多く、残念ながら

番組を掲載することが出来ませんでした。

然しながら、日比谷・東宝演芸場(6:00~9:30土・日・祝1:30アリ¥1000学¥700)、浅草・

木馬館(11:00~7:30二回興行・入替無¥800学¥500)、浅草・松竹演芸場(11:20~8:00

二回興行・入替無¥1000学¥800)は、幸い全ての番組を載せられました。

煩雑になりますが、昭和50年9月上席「東宝演芸場」。獅子舞:鏡味小仙社中、寄席の唄:

春風亭枝雀、歌のコーナー:小野栄一、三味線漫談:玉川スミ、漫談:宮尾たか志、声帯模写:

桜井長一郎、落語:小さん、奇術:アダチ龍光。中席は落語がメインで、歌奴・文朝・柳朝・馬の助

・正蔵・志ん馬・円歌・談志の名が見えます。下席は{漫才特選会}で、球児好児・順子ひろし・

千代若千代菊・天才秀才・桂子好江・てんやわんや等の番組です。

2010/08/27 02:27 PM いのどん

コメントを閉じる(0)

コメント入力

※管理者により不適当と判断された投稿は、予告無く削除される場合があります。予めご了承ください。

東京かわら版のお店 最新号、バックナンバー、新書名鑑などの増刊、さらに、手ぬぐいなど東京かわら版の商品がこちらからご購入いただけます

『東西寄席演芸家名鑑』
発売中!

この一冊で「通」になる! 東京かわら版増刊号 『東西寄席演芸家名鑑』 演芸界...

東京かわら版新書 発売中

成金本(A5判書籍)

定期購読のおすすめ

送料¥0!特別号との差額はいただきません!売り切れのご心配なしの東京かわら版・年間定期購読をぜひご利用ください。

本誌で紹介している演芸BOOK・CD・DVD