早耳twitter
  • javascriptを有効にしてください。最新情報が表示されます。

HOME > いのど~ん!ブログ > その12 10号まではタブロイド版

その12 10号まではタブロイド版

 この後10号まではタブロイド版にて発行。定価が第5号(昭和50年3月号)より7ヶ月で

金1000円となっています。あまりに申し込みがなかったので、一年分の1500円より幾らかでも

支払いやすいと考えたのでしょうか・・・。8ヶ月ではなく7ヶ月としたところにいじましさを感じますナ。

 

 そして、50年4月号よりそれまでの8頁より4頁増えて12頁となりました。年中行事・催しから

美術展が単独1頁に。劇場案内が1頁。落語会が1頁増加し2頁に。別に講談・浪曲・その他の

頁が新規に1頁。目次および申込方法で2分の1頁(これまでは見本誌と郵便振替用紙にご案内

を封筒に入れて配布していました)。身内からの協力広告が2分の1。スポーツ頁は削除。

 これで落語会情報は32本。講談浪曲は木馬亭・本牧亭の番組を中心に20本。合わせて52本

となりました。連絡場所に本牧亭、木馬亭の電話番号が載っているのは、この時期から両会場に

毎月取材に行き、翌月番組を入手できるようになったわけです。1日から15日まで木馬亭公演の

浪曲定席(¥800)出演者が記載されていますが、4月16日に出演者名ブランクで第190回

やまと浪曲研修会(¥700)があります。この毎月16日に浅草やまとホールで行われていた

会は、六区の交番に聞いても分からず、その会場を見つけるのにとても苦労した覚えがあります。

 

2010/06/ 1 01:33 PM いのどん

コメントを閉じる(0)

コメント入力

※管理者により不適当と判断された投稿は、予告無く削除される場合があります。予めご了承ください。

東京かわら版のお店 最新号、バックナンバー、新書名鑑などの増刊、さらに、手ぬぐいなど東京かわら版の商品がこちらからご購入いただけます

『東西寄席演芸家名鑑』
発売中!

この一冊で「通」になる! 東京かわら版増刊号 『東西寄席演芸家名鑑』 演芸界...

東京かわら版新書 発売中

成金本(A5判書籍)

定期購読のおすすめ

送料¥0!特別号との差額はいただきません!売り切れのご心配なしの東京かわら版・年間定期購読をぜひご利用ください。

本誌で紹介している演芸BOOK・CD・DVD