早耳twitter
  • javascriptを有効にしてください。最新情報が表示されます。

HOME > いのど~ん!ブログ > その5 大塚名画座

その5 大塚名画座

 どのようにアプローチしたら良いのか検討もつかなかったので、配り物として手拭いを用意。

上野松坂屋で出来合いの松竹梅柄を100本、割合安価にて入手。日本橋・榛原で見つけた

タトウに入れ、上に以前作っていた小さな千社札スタイルの木版刷の和紙の札を貼りました。

 

 札は特許事務所勤務時代に、確か「平凡パンチ」の"粋な江戸小物"特集で目にした日暮里の

木版刷師・関岡扇令さんを訪れて、趣味の名刺として名前と自宅の電話番号を書き入れた物を

何色かに刷ってもらっていたのがありました。当面の連絡先は自宅ですので、この札が使えると、

考えたわけです。それなりに結構な品が準備できましたが、タトウの方が手拭い本体よりはるかに

高値だったのにはビックリしました。思い返してみると、何とのんきな事をしていたやら・・・。  

 さて、最初に訪れた大塚名画座で、思いがけなく嬉しい言葉を掛けてもらい、大変励みに

なりました。もしここでけんもほろろの対応をされていたら、気持ちがなえてしまって二ヶ所目

から行く気がそがれていたと思います。よかった、よかった。

この所が、かって昭和16年から4年あまり寄席の灯を守りとおした大塚鈴本だったのを知ったのは、

20年以上も後になってでした。「大塚鈴本は燃えていた」1995年・西田書店刊・渡邉武男著・小沢

昭一氏推薦の本にて、この事実を知った時には、その奇遇に言葉にならない驚きを感じました。

 

2010/02/26 10:32 AM いのどん

コメントを閉じる(1)

コメント入力

※管理者により不適当と判断された投稿は、予告無く削除される場合があります。予めご了承ください。

by 小見山将治さん

いのどん 様

ご無沙汰しております。

お元気でご活躍されていることと存じます。

又、東京かわら版も益々隆盛のこととお喜び申し上げます。

いつも東京かわら版を送って頂き、ありがとうございます。

毎月楽しみにしております。

落語会も最近はブームとかで何かとマスコミにも取り上げられる機会がふえて喜ばしいことです。

ところで円生襲名に争い(しゃれ?)についてはどんな感想をお持ちでしょうか。お聞かせください。


小見山将治

VYH03627@nifty.com

東京かわら版のお店 最新号、バックナンバー、新書名鑑などの増刊、さらに、手ぬぐいなど東京かわら版の商品がこちらからご購入いただけます

『東西寄席演芸家名鑑』
発売中!

この一冊で「通」になる! 東京かわら版増刊号 『東西寄席演芸家名鑑』 演芸界...

東京かわら版新書 発売中

成金本(A5判書籍)

定期購読のおすすめ

送料¥0!特別号との差額はいただきません!売り切れのご心配なしの東京かわら版・年間定期購読をぜひご利用ください。

本誌で紹介している演芸BOOK・CD・DVD