早耳twitter
  • javascriptを有効にしてください。最新情報が表示されます。

HOME > いのど~ん!ブログ > その3 とりあえずのスタート

その3 とりあえずのスタート

 とりあえず、自分が興味を持っている情報をピック・アップしてみました。
 東京で行われている年中行事・映画・スポーツ、そして本来の目的たる落語会でした。
それを手書きにして、何人かの知人に見せて回ったのがスタートでした。

 その中の一人が、社内報でお世話になっていた印刷会社を紹介してくれました。ムツワ企画
の村越さんです。日暮里にあった事務所に行き、考えていることを話したところ、その場で
「東京かわら版」なるタイトルを提案してくれました。当に私が目指している内容にピッタリのネーミングでした。いま思い返しても、スタートで村越さんに巡り合えたことは僥倖としか言いようがありません。この後今に至るまで、実に多くの人に助けられて、不思議と生きながられてきた小誌ですが、創業時の大恩人の一人です。当時は写植印刷の時代でしたが、何も知らない私に、入稿から印刷物が出来上がるまでの流れ、文字の級数の計算方法等諸事について教えてくれました。発刊後すぐに資金繰りが行き詰まった時も、しばらくは半額の入金で残りの分は猶予さえしてくれました。
 花緑師が、昨年の暮れの紀伊國屋ホールでの高座で口にしていた、Synchronicity(共時性)と言えば良いのかな〜。

2010/02/12 06:10 PM いのどん

コメントを閉じる(0)

コメント入力

※管理者により不適当と判断された投稿は、予告無く削除される場合があります。予めご了承ください。

東京かわら版のお店 最新号、バックナンバー、新書名鑑などの増刊、さらに、手ぬぐいなど東京かわら版の商品がこちらからご購入いただけます

『東西寄席演芸家名鑑』
発売中!

この一冊で「通」になる! 東京かわら版増刊号 『東西寄席演芸家名鑑』 演芸界...

東京かわら版新書 発売中

成金本(A5判書籍)

定期購読のおすすめ

送料¥0!特別号との差額はいただきません!売り切れのご心配なしの東京かわら版・年間定期購読をぜひご利用ください。

本誌で紹介している演芸BOOK・CD・DVD