早耳twitter
  • javascriptを有効にしてください。最新情報が表示されます。

HOME > 最新号のご案内 > 東京かわら版平成22年7月号

東京かわら版
平成22年7月号

巻頭エセー

中谷彰宏「落語と私 私と落語」

巻頭インタビュー

国本武春

林家正楽による今月の紙切り


<英国密航>   「沖もいつしか横浜を出でてわずかに六ヶ月
英郷ロンドン、テムズ河岸に着くという...」
時は幕末、長州公の命を受け、井上聞多(のちの薫)、野村弥吉、遠藤金助、山尾要蔵、それに足軽の伊藤俊輔(のちの博文)の五人の若者が苦心してイギリスへ密航する、広沢瓢右衛門の面白浪曲だが、もともと明治モノは東家楽燕系のネタでもある。楽燕の孫弟子、国本武春のいまや十八番「英国密航」。笑い処もたっぷり、日本からイギリスまでの道中付けは圧巻の名調子。(稲田和浩)

好評連載

演芸的瞬間 あの日、あの時
新連載 翁家和楽の「稽古百遍、舞台一回」
築コレ 柳亭こみち
新作日和 三遊亭白鳥(SWA)
ホリイの落語狂時代 堀井憲一郎
演芸ノ時間 出門みずよ
ザッツ・ネタテインメント 稲田和浩
横井洋司の写真館
バカなことはヨセ! バトルロイヤル風間
今月のお言葉~柳家喬太郎 長井好弘

読みもの ほか

演芸界最新情報 TOPICS  柳家さん生・桂雀々 ほか
見る目嗅ぐ鼻 写真家・橘蓮二にきく
読者のおたより
編集部より
『東京かわら版』定期購読のおすすめ
寄席演芸年鑑のおすすめ

情報

暦と縁日と年中行事
かわら版いろはにほへと
〈い〉 演芸BOOKコーナー
〈ろ〉 演芸CD・DVDコーナー
〈は〉 みもの・ききもの
〈に〉 告知板
〈ほ〉 テレビ・ラジオ演芸番組放送予定
〈へ〉 関所外の情報
〈と〉 劇場/大衆演劇
東京寄席案内
鈴本演芸場
浅草演芸ホール
末広亭
池袋演芸場
国立演芸場
早耳情報
掲載日別出演者索引
話題の演芸会・PICK UP
落語・講談・浪曲 7月の演芸会情報

追加情報・訂正

■2010年6月23日
テレビラジオ追加情報
p.43
浅草お茶の間寄席
6/28 のん平:動物園 今松:てれすこ 一朝:祇園会
5 仲蔵:家見舞 ペー 円蔵:火焔太鼓
12 伯楽:猫の皿 笑組 正雀:豊竹屋
21 はん治:君よモーツァアルトを聴け(桂三枝・作) うん平:お見立て

■2010年6月24日
落語・講談・浪曲追加情報
黒門亭
24日(土)12:00〜14:00 黒門亭 1部(第1555回)
小里ん:お化け長屋 紫文 木久蔵 市江 他
24日(土)15:00〜16:30 黒門亭 2部(第1556回)
菊太楼:中村仲蔵 さん福 たけ平 他
25日(日)12:00〜14:00 黒門亭 1部(第1557回)
玉の輔:薮入り 小三太 時蔵:粗忽の釘 さん弥 他
25日(日)15:00〜16:30 黒門亭 2部(第1558回)"二ツ目がトリ" きん歌:ねずみ 小勝 菊丸 他

■2010年6月30日
テレビラジオ追加情報
p.43
てれび絵本 絵本寄席
2さん喬 9扇遊 16平治 21水・22木さん喬(ナレーション)
23南なん 30〆治

■2010年7月5日
掲載情報に誤りがありました
早耳情報 P.57
□8月15日らくご@(あっと)座・高円寺 川柳 市馬 つくし
開演時間
×18:30→○13:30
P.24の掲載広告も併せてご覧ください

以上訂正してお詫び申し上げます

■2010年7月10日
テレビラジオ追加情報
p.43
柳家喬太郎の粋ダネ!
3ゲスト=石田太郎 演芸コーナー=古今亭菊志ん
10ゲスト=石田太郎 演芸コーナー=柳家三之助
17ゲスト=山西惇 演芸コーナー=柳家喬太郎
24ゲスト=山西惇 演芸コーナー=三笑亭可龍

■2010年7月14日
掲載情報に誤りがありました
早耳情報 P.56
□10月15日落語教育委員会
会場
×なかのZEROホール→○練馬文化センター小ホール
□10月20日我らの時代 落語アルデンテ
会場
×練馬文化センター小ホール→○なかのZEROホール

以上訂正してお詫び申し上げます

コメントを閉じる(2)

コメント入力

※管理者により不適当と判断された投稿は、予告無く削除される場合があります。予めご了承ください。

by 葛飾区 小島みどりさん

7月1日、私は新宿で映画を見ようと6時ごろ千代田線に乗っていました。『東京かわら版』を読んでいると、少し前に隣の席に座った男性に声をかけられました。
「『東京かわら版』読んでるなんて珍しいですねえ」
見ると、立川談志師匠!!
びっくりなんてもんじゃないです!信じられない!
とにかくかわら版にサインしてもらい、写真を撮って、もう~~なにがなんだかわからない!
師匠の家は根津にあるので、多分そこで乗ってきたのでしょう。
師匠はこれから銀座に行って毒蝮三太夫さんと飲むそうな。
師匠は「まむしはよく声をかけられるけど、俺はあんまりないんだ」と言うので、「怒られそうだからですよ」と言ってしまった。でも、とっても優かったです。
6月に運良くチケットが手に入った一門会の時よりも調子はよさそうでした。日比谷で降りていったけど、ついて行きたかった・・・。夢のような約10分でした。
これもかわら版を読んでいたおかげです。ありがとうございます!

by あおさん

小島様のエピソード自体が、とても素敵で、なんだか東京の街の御伽噺みたいです。

羨ましい!微笑ましい!師匠がお元気そうでよかったです。

東京かわら版のお店 最新号、バックナンバー、新書名鑑などの増刊、さらに、手ぬぐいなど東京かわら版の商品がこちらからご購入いただけます

『東西寄席演芸家名鑑』
発売中!

この一冊で「通」になる! 東京かわら版増刊号 『東西寄席演芸家名鑑』 演芸界...

東京かわら版新書 発売中

成金本(A5判書籍)

定期購読のおすすめ

送料¥0!特別号との差額はいただきません!売り切れのご心配なしの東京かわら版・年間定期購読をぜひご利用ください。

本誌で紹介している演芸BOOK・CD・DVD

バックナンバー